JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

活動報告

「へきなんたまねぎ」高品質へ目ぞろえ

2024/4/15

JAあいち中央碧南玉葱部会は4月15日、碧南市港本町のJA碧南営農センターで、「2024年産碧南玉葱目ぞろえ会」を開きました。部会員や県、市場関係者、JAあいち経済連ら約90人が参加。販売情勢や出荷方法、出荷規格などを確認しました。

部会では、水分が多く実の柔らかい極早生品種を段ボール箱で出荷し、早生や中生、晩生の品種は、実がしっかり締まっていることから「へきなんたまねぎ」のブランド名でネット出荷しています。

24年産は、9月の播種以降、気温が高く、年明け以降は降雨も適度にあったため概ね順調に生育。4月上旬までは春先の低温や長雨などで小玉の出荷がやや多くなりましたが、これから気温の上昇が見込まれ玉肥大が進むことから、良質な「へきなんたまねぎ」の出荷が見込まれます。

部会の商品管理チームのリーダーを務める磯貝保夫さんは「物価高の影響で消費者の商品を見る目も厳しくなっている。市場から碧南のタマネギは良い品質と信頼していただけるよう、今一度、規格をしっかり確認してほしい」とあいさつしました。 JA営農部の林口浩二部長は「市場担当者からは「碧南産のタマネギをしっかり売っていきたい」という力強い言葉をいただいている。しっかり目のそろったタマネギを出荷し、期待や要望に応えていきたい」と話しました。

JAあいち経済連園芸部西部販売課の足立智也さんは「産地から販売先が一体となり、良い品質のものを高単価で販売できるように取り組んでいきたい」と話しました。 碧南市は県内有数のタマネギ産地。部会員140人が約90ヘクタールで栽培しています。6月末までに総出荷量7500トンを目指します。

  • 写真出荷規格を確認する部会員ら

タマネギ500個提供 交通安全呼びかけ 部会、市、警察署など

2024/4/15

碧南警察署、碧南市、交通安全協会碧南支部、JAあいち中央碧南玉葱部会などは4月15日、同市久沓町の久沓町4丁目交差点付近で、同市特産のタマネギ「へきなんサラダたまねぎ」を配って交通安全を呼びかける運動を行いました。

春の全国交通安全運動の一環で、同部会役員や同協会支部員など約90人が参加。旬を迎えているタマネギ「へきなんサラダたまねぎ」500個を同部会が提供しました。関係者らは交通安全を啓発する資材と併せ、袋に入ったタマネギを停車した車の運転手や同乗者に手渡しました。

部会の小澤利英部会長は「碧南市特産のタマネギを味わってもらい、交通安全を意識するきっかけになってくれるとうれしい」と話しました。

  • 写真タマネギを手渡し、交通安全を呼びかける小澤部会長

タマネギ400キロ 学校や保育園へ

2024/4/9

JAあいち中央碧南玉葱部会は4月9日、部会が栽培するブランドタマネギ「へきなんサラダたまねぎ」の出荷が最盛期を迎えていることに合わせ、碧南市内の学校や保育園の給食用に約400キロを寄贈しました。

子どもたちに地元の野菜のおいしさを知ってもらう取り組みです。JA職員が市内2カ所の給食センターと16カ所の保育園を訪れ、タマネギを手渡しました。保育園には葉付きのタマネギも用意し、畑で栽培されている様子と店で売られている様子の違いを保育士らが子どもたちに紹介しました。翌日には幼稚園や小学校などでマーボー豆腐やサラダ、保育園では親子丼に調理され、愛知の新たまねぎの日メニューとして給食で提供されました。

JA碧南園芸課で部会事務局を務める安面圭悟係長は「地元碧南で農家の方が丹精込めて作った「へきなんサラダたまねぎ」を味わって知ってもらいたい。自慢の食材として家族や将来出会う様々な人たちに伝えてもらうことで認知が広がってくれるとありがたい」と話しました。

碧南市は県内一のタマネギ産地。部会は140人が90ヘクタールでタマネギを栽培。「へきなんサラダたまねぎ」は生産者の約7割が約28ヘクタールで栽培しています。

  • 写真保育園で「へきなんサラダたまねぎ」を
    手渡すJA職員(右)

タマネギ400キロ 学校や保育園へ

2024/4/9

JAあいち中央碧南玉葱部会は4月9日、部会が栽培するブランドタマネギ「へきなんサラダたまねぎ」の出荷が最盛期を迎えていることに合わせ、碧南市内の学校や保育園の給食用に約400キロを寄贈しました。

子どもたちに地元の野菜のおいしさを知ってもらう取り組みです。JA職員が市内2カ所の給食センターと16カ所の保育園を訪れ、タマネギを手渡しました。保育園には葉付きのタマネギも用意し、畑で栽培されている様子と店で売られている様子の違いを保育士らが子どもたちに紹介しました。翌日には幼稚園や小学校などでマーボー豆腐やサラダ、保育園では親子丼に調理され、愛知の新たまねぎの日メニューとして給食で提供されました。

JA碧南園芸課で部会事務局を務める安面圭悟係長は「地元碧南で農家の方が丹精込めて作った「へきなんサラダたまねぎ」を味わって知ってもらいたい。自慢の食材として家族や将来出会う様々な人たちに伝えてもらうことで認知が広がってくれるとありがたい」と話しました。

碧南市は県内一のタマネギ産地。部会は140人が90ヘクタールでタマネギを栽培。「へきなんサラダたまねぎ」は生産者の約7割が約28ヘクタールで栽培しています。

  • 写真保育園で「へきなんサラダたまねぎ」を
    手渡すJA職員(右)

「へきなんサラダたまねぎ」イベントでPR

2024/4/7

JAあいち中央碧南玉葱部会は、4月10日の「愛知の新たまねぎの日」を先取り、4月7日に碧南市江口町の農業活性化センターあおいパークで特産「へきなんサラダたまねぎ」のPRイベントを開きました。4月10日は、「41(良い)」「0(タマネギ)」と読む語呂合わせと、愛知県の新タマネギの出荷がピークを迎えることから、2011年にJAあいち経済連が日本記念日協会に登録しました。

部会は、3月下旬~4月下旬の期間限定で、極早生タマネギの中から辛みの少ない品種を選び「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で出荷します。みずみずしくて辛味が少なく、水にさらさなくても生で食べられるのが特徴です。

イベントでは「へきなんサラダたまねぎ」の詰め放題とともに、おまけ付きのじゃんけんゲームを行いました。詰め放題を行った参加者が、じゃんけんで部会の小澤利英部会長に勝つと3個、あいこで2個、負けると1個のおまけを提供するとあって、大いに盛り上がりました。

詰め放題は、1袋300円で実施。418人が参加し、生産者と協力しながら袋いっぱいに詰めていきました。用意した1.6トンの「へきなんサラダたまねぎ」は約2時間で無くなりました。碧南市でニンジンやタマネギを作る生産者らの有志で構成する「人参玉葱PR会」による試食の提供も行われ、「へきなんサラダたまねぎ」と酢・カチリを和えたものや赤シソ粉を和えたもの、卵とじなど、来店者に食べ方も含めてPRしました。

イベントに参加した女性は「碧南のタマネギの甘みを知ってから毎年買いに来ている。試食は3種類とも食べて、全部おいしかった。たくさん詰められたので、家でも作って食べたいし、ご近所にも分けてあげたい」と笑顔で話しました。

小澤部会長は「今年もおいしいタマネギができている。辛みが少なく柔らかい『へきなんサラダたまねぎ』をたくさん詰めて持ち帰って、いっぱい食べてほしい」と話しました。

部会では、140人が約90ヘクタールでタマネギを栽培し、県内一の出荷量を誇ります。「へきなんサラダたまねぎ」は生産者の約7割が約28ヘクタールで栽培。今後は、早生、晩生タマネギと品種を変えながら、6月末まで出荷が続きます。総出荷量7500トンを目指します。

碧南市内で、極早生タマネギ「へきなんサラダたまねぎ」の収穫がスタートしました。JAあいち中央碧南玉葱部会は、極早生で辛味が少ない品種を限定して「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で出荷しています。部会は140人が約90ヘクタールでタマネギを栽培。「へきなんサラダたまねぎ」は生産者の約7割が28ヘクタールで栽培しています。収穫の最盛期は4月上旬で、流通は4月末までの期間限定です。

2024年産は、9月の播種以降の気温も高く、年明け以降は雨も適度にあったため概ね順調に生育。大玉傾向の一方、分球の発生が懸念されていますが、病害虫は少なく良質。1700トンの出荷を目指します。中京市場を中心に北陸地方への出荷を行っている他、JA農産物ネット販売サイト「碧海そだち~オンラインショップ~」でも取り扱っています。

部会に所属している杉浦勇二さんは3月15日、碧南市中田町の圃場で「へきなんサラダたまねぎ」を収穫しました。実が柔らかいため機械での収穫は行わず、1玉ずつ手作業で収穫し、葉と根を鎌やハサミで切り落とした後、1、2日圃場で天日干しして箱詰めします。

杉浦さんは「今年は大玉傾向で食べ応えがある。『へきなんサラダたまねぎ』は辛みが少なく、水にさらさずに生で食べてもおいしい。たくさんの人に食べてもらいたい」と話していました。

部会では4月10日の「愛知の新たまねぎの日」を先取り、7日に同市江口町の碧南市農業活性化センターあおいパークで「へきなんサラダたまねぎ」のPRイベントを開く予定です。

  • 写真「へきなんサラダたまねぎ」を袋に詰める
    参加者ら

銘柄タマネギ抜き打ち検査 品質維持・向上へ

2024/4/4

JAあいち中央碧南玉葱部会は4月4日、碧南市港本町のJA碧南営農センター内集出荷場で、ブランドタマネギ「へきなんサラダたまねぎ」の品質検査を行いました。部会では「へきなんサラダたまねぎ」の品質維持・向上のため、年に1回、無通告で検査しています。6年目の取り組みで、毎年出荷最盛期の4月上旬に行っています。

当日、出荷された「へきなんサラダたまねぎ」を生産者ごとに1ケース無作為に抜き取り、部会の部会員やJA、県職員ら15人が検査しました。重量や入り玉数の他、形状やキズなど12の評価項目が設けられ、生産者ごとに検査結果がまとめられました。結果は後日、個別に通知されます。

部会の商品管理リーダーを務める磯貝保夫さんは「見た目が想像以上にきれいで安心した。市場で碧南産のタマネギは品質が良いと評価をいただいている。評価を下げないためにも、部会員の皆さんと協力し品質維持を図っていきたい」と話しました。

碧南市は県内有数のタマネギ産地。140人の部会員が約90ヘクタールで栽培しています。部会は、辛みの少ない極早生品種を厳選して「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で3月中旬から4月下旬までの期間限定で出荷しています。「へきなんサラダたまねぎ」は、約7割の部会員が28ヘクタールで栽培しています。

碧南市内で、極早生タマネギ「へきなんサラダたまねぎ」の収穫がスタートしました。JAあいち中央碧南玉葱部会は、極早生で辛味が少ない品種を限定して「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で出荷しています。部会は140人が約90ヘクタールでタマネギを栽培。「へきなんサラダたまねぎ」は生産者の約7割が28ヘクタールで栽培しています。収穫の最盛期は4月上旬で、流通は4月末までの期間限定です。

2024年産は、9月の播種以降の気温も高く、年明け以降は雨も適度にあったため概ね順調に生育。大玉傾向の一方、分球の発生が懸念されていますが、病害虫は少なく良質。1700トンの出荷を目指します。中京市場を中心に北陸地方への出荷を行っている他、JA農産物ネット販売サイト「碧海そだち~オンラインショップ~」でも取り扱っています。

部会に所属している杉浦勇二さんは3月15日、碧南市中田町の圃場で「へきなんサラダたまねぎ」を収穫しました。実が柔らかいため機械での収穫は行わず、1玉ずつ手作業で収穫し、葉と根を鎌やハサミで切り落とした後、1、2日圃場で天日干しして箱詰めします。

杉浦さんは「今年は大玉傾向で食べ応えがある。『へきなんサラダたまねぎ』は辛みが少なく、水にさらさずに生で食べてもおいしい。たくさんの人に食べてもらいたい」と話していました。

部会では4月10日の「愛知の新たまねぎの日」を先取り、7日に同市江口町の碧南市農業活性化センターあおいパークで「へきなんサラダたまねぎ」のPRイベントを開く予定です。

  • 写真「へきなんサラダたまねぎ」を入念に
    チェックする磯貝さん(中央)ら

へきなんサラダたまねぎ収穫スタート

2024/3/15

碧南市内で、極早生タマネギ「へきなんサラダたまねぎ」の収穫がスタートしました。JAあいち中央碧南玉葱部会は、極早生で辛味が少ない品種を限定して「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で出荷しています。部会は140人が約90ヘクタールでタマネギを栽培。「へきなんサラダたまねぎ」は生産者の約7割が28ヘクタールで栽培しています。収穫の最盛期は4月上旬で、流通は4月末までの期間限定です。

2024年産は、9月の播種以降の気温も高く、年明け以降は雨も適度にあったため概ね順調に生育。大玉傾向の一方、分球の発生が懸念されていますが、病害虫は少なく良質。1700トンの出荷を目指します。中京市場を中心に北陸地方への出荷を行っている他、JA農産物ネット販売サイト「碧海そだち~オンラインショップ~」でも取り扱っています。

部会に所属している杉浦勇二さんは3月15日、碧南市中田町の圃場で「へきなんサラダたまねぎ」を収穫しました。実が柔らかいため機械での収穫は行わず、1玉ずつ手作業で収穫し、葉と根を鎌やハサミで切り落とした後、1、2日圃場で天日干しして箱詰めします。

杉浦さんは「今年は大玉傾向で食べ応えがある。『へきなんサラダたまねぎ』は辛みが少なく、水にさらさずに生で食べてもおいしい。たくさんの人に食べてもらいたい」と話していました。

部会では4月10日の「愛知の新たまねぎの日」を先取り、7日に同市江口町の碧南市農業活性化センターあおいパークで「へきなんサラダたまねぎ」のPRイベントを開く予定です。

  • 写真「へきなんサラダたまねぎ」を1玉ずつ
    手作業で丁寧に収穫する生産者

へきなんサラダたまねぎ 部会が出荷開始 碧南市長に報告

2024/3/13

JAあいち中央碧南玉葱部会は3月13日、碧南市松本町の碧南市役所で禰冝田政信市長に2024年産「へきなんサラダたまねぎ」の出荷が始まったことを報告しました。部会の小澤利英部会長ら部会員3人とJA役職員4人が訪問し、「へきなんサラダたまねぎ」の作柄などを報告しました。

24年産は、気温が高い日が長く続き、年内は雨が少なかったものの年明け以降適度に降ったことから、早い時期から地上部は旺盛で、地下部も順調に肥大し大玉傾向になると予想されます。小澤部会長は「昨年9月に種まきが始まり、例年にない猛暑で栽培に苦労した年だったが、柔らかくみずみずしい良いタマネギが育っている」と話しました。禰冝田市長は「『へきなんサラダたまねぎ』は水にさらさなくてもおいしく食べられるのがすごい。碧南のタマネギとしてPRしていきたい」と話しました。

部会では、辛みの少ない極早生品種を厳選して「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で4月下旬までの期間限定で出荷しています。生で食べる際に水にさらさずに食べられることから、消費者からも人気です。中京市場を中心に約1700トンの出荷を見込んでいます。

  • 写真「へきなんサラダたまねぎ」をPRする
    禰冝田市長と小澤部会長ら

極早生タマネギ 基準目ぞろえ

2024/3/7

JAあいち中央碧南玉葱部会は3月7日、碧南市港本町のJA碧南営農センターで「2024年産(23年播種)碧南極早生玉葱目ぞろえ会」を開きました。部会員やJAあいち経済連、市場関係者、JA職員ら77人が参加。市場情勢や出荷方法、出荷基準に関する申し合わせなどを行った後、サンプルを手に取り、形状や大きさなどを確認しました。

部会では、辛みの少ない極早生品種を厳選して「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で4月末までの期間限定出荷しています。辛みが少ないため、生で食べる際に水にさらさずに食べられることから、消費者からの人気も高まっています。

24年産は、9月の播種以降の気温も高く、年明け以降は雨も適度にあったため概ね順調に生育。大玉傾向の一方、分球の発生が懸念されていますが、病害虫は少なく良質な「へきなんサラダたまねぎ」の出荷が見込まれます。

部会の商品管理チームのリーダーを務める磯貝保夫さんは「どの野菜も前進傾向と言われている。この暖かさでタマネギも進んでいる。今日の目ぞろえ会でしっかりと規格を確認し、極早生タマネギの出荷に臨んでいただきたい」とあいさつしました。

JA営農部の林口浩二部長は「市場での販売に対ししっかり価格を維持していくには、どの規格のものがどれだけ出荷できるのかといった情報が大事。規格のそろった高品質のタマネギが消費者や市場の信頼につながり、価格にもつながってくる」と話しました。

JAあいち経済連園芸部西部販売課の足立智也さんは「3月に入り量販店からは春商材の引き合いも強まってくる。「碧南ブランド」の良い品質のタマネギを出荷いただきたい」と話しました。

碧南市は県内有数のタマネギ産地。140人の部会員が約90ヘクタールで栽培しています。極早生から早生、晩生と続き、6月末まで出荷します。「へきなんサラダたまねぎ」は、約7割の部会員が約28ヘクタールで栽培しています。

  • 写真サンプルを見て出荷規格を確認する部会員

碧南市タマネギ 履歴の中間検証

2024/2/22

JAあいち中央碧南玉葱部会は2月19~22日の4日間、碧南市内2カ所の営農センターを窓口として、タマネギの栽培履歴中間検証を行いました。3月上中旬から出荷が始まるタマネギの安全性を検証するために、毎年この時期に行っています。今年から試験的にWebを活用した栽培履歴入力を進めています。

部会員が栽培履歴を持ち込み、9月の播種から2月中旬までに行った防除履歴や施肥記録を、JA職員が使用基準に則っているか確認しました。4日間で圃場にして約400箇所分の栽培履歴が持ち込まれました。

JA営農部碧南園芸課の安面圭悟さんは「今回の検証でここまで適切な栽培管理がなされていると感じられた。今作は気温が高くこの後も病害虫などへの対策が肝要となるが、適宜防除により安全・安心で品質良好なタマネギが多数出荷できることと期待している」と話しました。

同市は県内一のタマネギ産地。部会では、140人が約90ヘクタールで栽培しています。このうち特産の「へきなんサラダたまねぎ」は約28ヘクタール。辛味の少ない極早生の7品種を厳選して、「へきなんサラダたまねぎ」のブランド名で販売しています。

  • 写真栽培履歴を確認するJA職員(左)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • 産直ポイント照会
  • あおみっ子
  • JA組合員募集中!
  • マイホームくらぶ
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場