JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

ナシ

安城梨の歴史

梨は、日本で栽培される果物の中でも歴史が古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうです。江戸時代には品種も増加し、現在のような甘みが強く果肉のやわらかい梨は、明治時代以降に品種改良されたものです。

安城梨の栽培においても歴史は長く、明治30年頃、長野県下伊那郡の松坂啓蔵が安城に苗木を持って移住したことが始まりと言われています。当時の安城は、明治用水の開通によって、調整可能な水を得ていました。また、気候条件が梨作りに合っていたこともあって梨栽培が盛んになりました。その後、安城の各地で梨栽培が行われるようになり、稲作・畑作・畜産を合わせた多角形農業の一要素となった梨は「日本デンマーク安城」の代表的な農産物として普及したのです。

安城の梨には、一本の苗木に込められたフロンティアスピリッツ(開拓者精神)が宿っているといえるかもしれません。。

  • ナシ
  • ナシベー

● 「安城梨」の販売

JAタウン

※「JAタウン」は、全国農業協同組合連合会(JA全農)が運営する、ショッピングモールです。「もっと近くに美味しいニッポン」をテーマに、「JAタウン」に出店する農協(JA)などが、
各産地で育まれた農産物や特産品を、インターネットを通じて消費者のみなさまに直接お届けします。

安城梨の主な品種

「甘(あま)ひびき」 安城で誕生!

特徴 2010年に品種登録された新しい品種で、7月下旬から成熟し、果重が500~600gほどと早生品種の中ではとても大きくなります。とにかく甘みが強く、シャリシャリ感があり「愛甘水」と「幸水」の中間ぐらいのかたさです。
出荷時期 7月下旬~8月中旬
大きさ
甘 み

「愛甘水(あいかんすい)」 安城で誕生!

特徴 梨のシーズン到来を感じさせてくれる安城梨で最初に収穫できる品種です。果重は400g前後で、果肉はやや硬めですが、甘みもありコクのある味わいです。
出荷時期 7月下旬~8月上旬
大きさ
甘 み

「幸水(こうすい)」

特徴 安城地区生産量の約50%を占める代表的な品種です。果重は400g前後の早生品種で、甘ひびきや豊水よりやや緑がかった果皮色が特徴。やわらかい果肉には果汁がたっぷり含まれ、ひと口食べると甘みが広がります。
出荷時期 8月上旬~8月下旬
大きさ
甘 み

「豊水(ほうすい)」

特徴 安城地区では幸水の次に生産量が多い中生品種です。果重は400~500gほどと大きめで、多汁で果肉もやわらかめですが、幸水よりも日持ちします。幸水とは違い甘みの中に適度な酸味があるのが特徴です。
出荷時期 8月下旬~9月中旬
大きさ
甘 み

「あきづき」

特徴 2001年に登録された比較的新しい品種で、新高、豊水、幸水という3品種の優れたところを併せ持っています。果重は500g前後と大きめで、日持ちもよく、シャキシャキとした歯ごたえのある甘みの強い梨です。
出荷時期 9月上旬~9月中旬
大きさ
甘 み

「新高(にいたか)」

特徴 「梨の王様」とも呼ばれる晩生品種です。果重は平均700gほどで、大きなものでは1kgにもなるビッグサイズの梨です。ほんのりした酸味と、みずみずしく風味豊かな甘さを持ちます。
出荷時期 9月下旬~10月上旬
大きさ
甘 み

ナシデータ

出荷量 年間160トン
出荷時期 7月下旬~10月上旬
(令和2年3月31日現在)

ナシの栽培管理


4月上旬~

授粉

ナシの花(雌しべ)に花粉をつける作業。ナシは、同じ品種の花粉では実がならないので、多品種の花粉を使います。道具は、ぼん天や機械、ミツバチも使います。

  • ナシ人工交配

4月下旬~

摘果

授粉によってたくさんの実がつきます。その中から小さい実や形の悪い実を取り除き、残った実に栄養がいきわたるようにします。

  • ナシ摘果

5月中旬~

ジベレリン処理

愛甘水と幸水は、実にジベレリン(植物ホルモン)を塗ることで、成長を早くしたり、実を大きくすることができます。

  • ナシジベレリン処理

6月中旬~

袋かけ

虫や病気、鳥などからナシを守るために、実の1個ずつに紙袋をかけます(安城地区では新高のみ)。

6月下旬~

新梢誘引

来年たくさんの花が咲くように、春から伸びた新しい枝(新梢)を、ななめに倒します。

  • ナシ袋かけ

7月下旬~

収穫

品種ごとに収穫して、大きさやキズ、形などを分けて、箱や袋に詰めて出荷します。

8月下旬~

礼肥

収穫が終わって疲れた樹に、栄養補給として肥料をまきます。

10月下旬~

土づくり(基肥、耕起)

来年に向けて養分を蓄えるために、肥料をまきます。畑の土を根っこが伸びやすい柔らかい土にするためにトラクターで耕します。

  • ナシ収穫

12月~

せん定・誘引

来年に向けて、余分な枝をノコギリ、ハサミを使って切り取ります。来年実をならせる枝は、切らずにひもでしばって棚に固定します。

  • ナシせん定
  • ナシ誘引

3月~11月

消毒

ナシは、たくさんの虫や病気が発生します。おいしい安全なナシをたくさん作るために、機械を使って消毒を行います。

  • ナシ

動画で紹介

安城梨の1年

梨選果場

「ナシ」に関するお問い合わせはこちらへお願いします

【営農部園芸課】 TEL:0566-73-4403

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト