JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

農機具の歴史学ぼう 安城市歴史博物館で企画展

2021/5/3

安祥文化のさと地域運営共同体は4月3日から6月27日に、安城市安城町の安城市歴史博物館で企画展「お米のものがたり 知恵と工夫のむかしの道具」を開いています。企画展では、同市域に機械化が投入されるまで使用されていた農機具を展示。品種改良や稲わらを活用するための道具など、コメにまつわる様々な「こと」や「もの」もあわせて紹介しています。

来場者に農作業の変遷、苦労を知ってもらい、普段食べているコメに興味を持ち、地域農業への理解を深めてもらうことが目的です。

5月3日には、同館に隣接する安祥城址公園で、若い世代の来場者に農業に関心を持ってもらうために「お米づくりではたらくキカイ大集合」として最新の農業機械の展示イベントが行われました。イベントにはJAあいち中央と株式会社ヰセキ関西中部が協賛し、トラクターやコンバイン、田植え機が展示されました。来場者には地元のお米がプレゼントされた他、各種農業機械の乗車する体験ができ、触れる機会のない農業機械に関心を寄せました。

企画運営を務める安祥文化の里知育運営共同体の井上宗一郎総括責任者は「機械化される前の時代に培われた知恵が、現代の農業機械に繋がっていることを感じて欲しい。間近でトラクターを見る機会も少ないので、働く車のカッコよさを感じてもらい、農業に興味を持ってもらいたい」と話しました。

JA営農部農畜産課の林口浩二課長は「最新の農業機械に触れることで、農業を身近に感じてもらえたと思う。来場した親子連れにも喜んでもらえて良かった」と話しました。

  • 写真最新のトラクターに乗車して、
    喜ぶ来場者親子

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト