JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

良品生産へ講習会 露地イチジク早めの防除を

2021/4/30

いちじく部会

JAあいち中央いちじく部会は4月30日、管内2カ所で露地イチジクの芽かき講習会を開きました。部会員や県、関係者ら計103人が参加し、芽かき、病害虫対策に関する情報など5月中旬以降の栽培管理を確認しました。

県西三河農林水産事務所農業改良普及課の河村直紀専門員が芽かき作業についてポイントを押さえながら説明。「例年に比べ7~10日ほど生育が進んでいる。樹勢に合わせて芽かきをすることで、貯蔵養分を有効に使うことが出来る。最終的に残す芽は、展葉2~3枚目以降に決めてほしい」と話し、病害虫については「今年は暖かく、病害虫の発生も早く、量も多くなることが懸念されている。防除も生育状況に応じて、前倒しで行ってもらいたい」と呼び掛けました。

JA営農部園芸課の成田孝則さんは「2021年度作は出荷始めから全量フィルムをかぶせて出荷しており、市場からの期待も高い。高品質なイチジクをたくさん出荷してもらい、農家所得につなげていければ」と話しました。

愛知県は全国No.1のイチジク出荷量を誇り、同JAは県内一の産地。同部会では部会員162人がハウス栽培を含め約28.5ヘクタールでイチジクを栽培しています。

  • 写真ポイントを押さえた芽かき作業を説明する河村専門員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト