JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

「まろやか緑茶」一新 県産茶葉100%使用

2021/4/10

JAあいち中央産直振興部産直課は、同JA管内の安城市で栽培されている茶葉を使った碾茶をブレンドした「まろやか緑茶」をリニューアルしました。2月下旬から同JA産直全11店舗で販売しています。

「まろやか緑茶」は2014年10月に販売を開始。販売して5年以上経つことから、味やパッケージデザインを見直そうと初めての大幅なリニューアルに踏み込みました。

「まろやか緑茶」は、煎茶と碾茶を配合しています。碾茶は、緑茶の渋みを抑える特徴があり、これまでの商品では10%配合していました。同商品の特徴であるまろやかさは残したまま、煎茶本来の旨味を引き出せるよう、7%配合に変更。さらに、使用する煎茶を国産から愛知県産に変更したことで、愛知県産茶葉100%使用した緑茶となりました。

リニューアルには、同JA産直店舗での食育活動を推進する食育対策委員会を中心に同JA産直店舗の食育ソムリエらの意見を反映。販売に携わる職員とともに、約半年かけて様々な配合を試飲しました。同JA産直センター刈谷南で所長を務める同会の犬塚哲委員長は「碾茶と煎茶の配合で後味が全然違う。数グラム単位で味を変更しながら何度も試飲を繰り返し、自信を持って提供できる商品になった」と話しました。パッケージは、鮮やかな緑色を基調に、同JA公式キャラクター「あおみっ子ファミリー」が入ったデザインを採用しました。販売管理の改善要求から製造ロット数も見直しました。約50000本から24000本と製造ロット数を小さくして、賞味期限のコントロールをしやすくしました。

リニューアルした「まろやか緑茶」を飲んだ人からは「おいしくなった」「味がしっかりして飲みやすくなった」と好評です。

同課の岩戸省二課長は「親しんでもらっていた商品をリニューアルするには大きな責任感があった。食育ソムリエの協力により、これまでの良さを続けつつさらに良い商品になった。一人でも多くの人に飲んでほしい」と話しました。
同商品は500ミリリットルサイズのペットボトルで、1本100円(税込み)で販売中。

  • 写真まろやか緑茶をPRする
    犬塚委員長(左)ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト