JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

春の農産物目ぞろえ会 早生カリモリ

2021/4/2

カブ・かりもり部会

JAあいち中央カブ・かりもり部会は4月2日、碧南市港本町のJA碧南営農センター内集出荷場で、早生カリモリの目ぞろえ会を開きました。部会員や市場関係者、漬物加工業者など9人が参加しました。サンプルを手に取り、形や傷、色などの出荷基準、今後の出荷予定や出荷方法を確認しました。

早生カリモリは「あいちの伝統野菜」の一つで、奈良漬の原料となる他、しょうゆ漬けやみそ漬けなど主に漬物で食べられます。今年は適度な温度と湿度の中、定植から順調に生育が進みました。病害虫などはなく、品質は概ね良好です。

市場関係者は「カリモリは「あいちの伝統野菜」としてしっかり需要があり、新型コロナウイルス感染症で青果業界が不安定な状況にあっても、影響が少ない品目だった。例年通りしっかりと選果したカリモリを出荷いただきたい」と話しました。

部会の辻聖部会長は「長く栽培を続けているが、改めて目ぞろえ会を行うことで、しっかりと規格のそろったものを出荷していきたい」と話しました。

部会は、3人が54アールのハウスで早生カリモリを栽培しています。今年の出荷は3月15日から始まり、5月中旬から6月下旬までをピークに8月上旬まで続きます。JAを通じて、県内市場や京都の漬物加工業者に流通します。総出荷量は約60トンを目指します。

  • 写真サンプルを見て出荷規格を確認する
    部会員ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト