JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

みんなで楽しもう 11月20日から花マルシェ 児童が寄せ植え

2020/10/22

JAあいち中央安城市温室園芸組合は10月22日、安城市福釜町の市立安城西部小学校で、4年生85人を対象に寄せ植え体験会を開きました。寄せ植えは、11月20日~23日に安城産業文化公園デンパークで開かれる「あいち花マルシェ2020」で展示します。来場者らに市の花をPRし、理解を深めます。

「あいち花マルシェ2020」は県や同市、同組合、同JA、JAグループ愛知などでつくる実行委員会が主催。日本一の花き生産額を誇る「花の王国あいち」をアピールする県民参加型のイベントで、初開催となります。

体験会では、同組合に所属する石川植物園の石川浩恵さんら4人が指導し、花の育て方や魅力的な展示方法を説明しました。使った花はウインターコスモスやビオラなど4種類。児童らに、地元産の花苗で寄せ植えを作って栽培管理をして、花に親しみを持ってもらいます。

石川さんは「なぜ花を飾るのか子どもたちに考えてもらいたい。癒しの効果や空間を分けるためなどさまざまだが、実際に寄せ植えをすることで花をアレンジする楽しみを感じ、意味を見いだしてほしい」と話しました。

参加した児童は「自分の思ったようにできて楽しい」「通学路のビニールハウスで花が作られているとは知らなかった。花を身近に感じた」などと話していました。

寄せ植えは11月19日まで学校で管理し、「あいち花マルシェ2020」で展示します。展示後は児童らに贈られる予定です。

石川さんはイベントについて「愛知県は花の生産額は全国一位だが、消費は少ない。来場者にも花を飾る意味を考えてもらい、盛り上げていけたら」と話しました。会場では花の展示・販売の他、体験教室やスタンプラリー、なども行われる予定。入場無料。

  • 写真児童らに寄せ植えの方法を丁寧に
    説明する石川さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト