JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元児童に食育授業 特産イチジクと梨の流通

2020/10/1

JAあいち中央営農部園芸課は10月1日に、安城市福釜町の安城市立安城西部小学校からの依頼を受け、3年生児童約90人を対象に同校で食農教育授業を行いました。

安城市特産のイチジクとナシがどのような工程を経て消費者のもとに届けられるかを伝え、地域農業を身近に感じてもらうことが目的です。

同校では、4年前から児童らが同市赤松町の同JA総合センター多目的総合集出荷場に訪問見学する食農教育授業を行っています。今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響から見学を断念。同課職員が同校に訪問して行うかたちとなりました。

10月1日の授業では、同課の岩間啓史さんと若林花奈子さんが同校を訪問。動画や写真を交えながら、JAと農家の関係やJAの役割を説明し、安全・安心な農産物を消費者に届けるためにJAで行う検査方法などを紹介しました。児童からは「ナシは機械で検査するのに、イチジクはなぜ機械で検査しないのか」「検査を通らなかった農産物はどうなるのか」などの質問が飛び交いました。

若林さんは「みんなが真剣に聞いてくれてうれしい。今後もこのような機会をきっかけに地元農産物を好きになってもらいたい」と話しました。

  • 写真児童に授業を行う岩間さん(奥右)ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト