JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

チンゲンサイ連携しっかりと 部会が販売会議

2021/7/29

チンゲン菜生産部会

JAあいち中央チンゲン菜生産部会は7月29日、安城市赤松町のJA総合センターで夏季販売検討会議を開きました。部会員、JA、市場関係者ら15人に加え、東京都や福井県から11社の市場担当者がリモートで参加しました。販売情勢や産地情勢など、お盆後に向けた葉物相場や売り込みなどが話し合われました。部会では新型コロナウイルス感染症の影響を考え、昨年末からリモートでの会議を実施しており、全国の市場と連携を強化しています。

同部会の大橋正樹部会長は「昨年の巣篭もり需要も落ち着きを見せ、インバウンド需要にも伸びが無い中で、市場としっかりと連携して、前向きな販売をしていきたい。産地として緊張感を持って商品のチェックをして、これからも高品質なチンゲンサイを出荷していく」と話しました。

JAチンゲン菜生産部会では、12人が約7ヘクタールのハウスでチンゲンサイを栽培。ハウスの一角を仕切ったスペースで、暖房機を利用した苗の安定生産を図り、ハウスの有効利用と経費節減、苗の移動距離短縮による省力化を実現した結果、年間8~9回の周年栽培体系を確立。年間作付け延べ面積約60ヘクタールで総出荷量1400トンを目指します。

  • 写真積極的な意見がかわされる
    リモート会議会場

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト