JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

管内産の小麦、直売所でPR 冷や麦食べて夏乗り切ろう

2021/7/18

JAあいち中央営農部会や地元の加工会社らで構成される「一粒の会」は7月18日、安城市福釜町のJAファーマーズマーケットでんまぁと安城西部で小麦収穫祭を開きました。例年は「流し冷麦」を来店者に振る舞う催しを行ってきたが、昨年度から新型コロナウイルス感染拡大防止のため、PRの形式に代えています。

催しでは、JA管内産の小麦「きぬあかり」をPRするため、同店で2500円以上利用した方を対象に「生ひやむぎ」を先着500食分配布しました。「きぬあかり」は愛知県が開発した小麦。「きぬあかり」を使った生麺のひやむぎはしっかりとしたコシがあり、モチモチとした食感とのど越しの良さが特徴です。配布された「生ひやむぎ」は、会員の株式会社樽政本店(愛知県みよし市)が製造しています。

生産者である同会の加藤彰夫会長は「今年も品質の良い小麦がたくさんできた。地域農業の担い手として、これからも安全・安心な農産物をつくって、地元の人に選んでもらえるようにしっかりとPRしていきたい」と話しました。

  • 写真「生ひやむぎ」配布で小麦「きぬあかり」をPRする会員ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト