JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

田んぼアート高所から観賞

2021/7/17

生産者や安城市、JAあいち中央などで構成する「ふれあい田んぼアート実行委員会」は7月17日、高所作業車に乗って見頃を迎えている田んぼアートを眺める鑑賞会を開きました。会場に近い、安城産業文化公園デンパークの無料開放に合わせて行われ、家族連れなど、11組42人が訪れました。鑑賞会は2年ぶりで、密集を避けるため同市広報誌での告知のみとしました。

「ふれあい田んぼアート」は15年目。今年のデザインは、創立120周年を迎える同市池浦町の愛知県立安城農林高等学校の生徒が担当しました。5月下旬に関係者のみで緑、赤、黒、黄色など5色の苗を植え付け、同校の校章や安城市で生産が盛んなイチジクをイメージしたキャラクターなどが描かれています。

作業車のかごに乗り、高さ約12メートルから、縦70メートル、横50メートルの田んぼに描かれたイラストを一望しました。来場者は「色がカラフルですばらしい」や「高くても怖くなかった。とってもきれい」などと高い位置からの鑑賞に満足していました。

同会の大嶋和則会長は「今年は全ての苗が均一に育ち、良い色がでている。これだけきれいに全面に出たのは珍しい。コロナの影響でPRしづらかったが、毎年楽しみに来てくれる人に喜んでもらえてよかった。来年は多くの人と一緒に、楽しんでできることを願う」と話しました。

見頃は7月いっぱい続く予定で、9月中旬には稲刈りのイベントを開く予定です。

  • 写真高所作業車の上から田んぼアートを
    眺める参加者

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト