JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

市民菜園共進会 三浦さんが最高位

2021/7/12

刈谷市市民菜園運営委員会は7月12日、同市市民菜園共進会を開き、市内12ヶ所の市民菜園で栽培している野菜、花などについて巡回し審査しました。菜園の優秀園を表彰し、菜園利用者に栽培管理の意欲向上と都市生活者の農業に対する理解を深めることを目的に、夏野菜と秋冬野菜の2部に分け毎年開かれています。

審査は、同委員会の加藤勝委員長と、県と市、JAあいち中央の職員ら7人が、菜園の管理状況や園の作付け状況、作物の出来具合を各10点の合計30点の得点制で行いました。今年は審査がスムーズに進むよう、事前に同委員会のメンバーらが下審査を行い、高評価だった各園3~4区画ずつを審査しました。最高位は逢妻菜園の三浦英一さんが輝きました。表彰状等の授与は例年秋冬野菜の部と併せてJAが11月に開く「刈谷地区農業まつり」にて行う予定です。

加藤委員長は「今年は雨が続いた影響で病気や根腐れが出やすく、茎だけ大きくなり実が小さくなりやすい環境だったと思う。農業の経験が少ない人も多いと思うが、狭いながらも多種多様な栽培状況がみられ、工夫しながら頑張って栽培していることが伝わった」と話しました。

刈谷市はJAあいち中央と連携し、1984年度「市民菜園モデル事業」及び、90年度「都市住民ふれあい農園整備事業」等により市民菜園を推進し、本年度は市内12ヶ所540区画余の市民菜園を設置しています。

  • 写真市民菜園を真剣に審査する普及員ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト