JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

栄養教諭が産地を見学 葉ショウガ手作業に驚き

2021/7/11

JAあいち中央営農部園芸課園芸販売強化対策室は7月11日、碧南市亀穴町などで同市栄養教諭の産地視察を受け入れました。地元産葉ショウガの魅力を子どもたちに伝えるため、同市栄養教諭の谷麻美さんら4人が、生産者の畑などを見学しました。

同JA碧南しょうが・しそ部会の片山伸也副部会長が種の植え方や実のなり方、ハウスと露地の違いなど栽培の特徴を説明。ハウスで葉ショウガの収穫を見学した他、洗いや選果・選別といった調整作業も見学しました。谷さんらは、熱心にメモを取って話を聞きながら、写真や動画も撮っていました。

谷さんは「子どもたちに伝えるには、まずは自分たちが知らないと説明できないと思い視察をお願いした。収穫から出荷まですべてを手作業で行っていることに驚いた。地元の農産物として認知度を上げていきたい」と話しました。

同室の高木規浩さんは「子どもたちに農産物を紹介する機会をいただきとても感謝している。地元農産物のストーリーをとおして認知度向上と理解促進につながれば」と話しました。

15日の同市学校給食には、碧南産葉ショウガを使ったメニューが提供されたほか、当日の様子を編集した動画が子どもたちに紹介されました。

同市は県内一の葉ショウガの産地。碧南市特有の砂地での栽培により、地下に伸びるストレスが少なく、柔らかくて辛味が強すぎないため、生食用として消費されることが多いです。

  • 写真片山さん(左)から葉ショウガの栽培について説明を受ける谷さんら栄養教諭

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • 碧海そだちオンラインショップ
  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト