JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

タマネギ機械定植

2020/12/23

JAあいち中央碧南玉葱部会の「玉葱機械化研究室」は、12月23日からタマネギの機械定植を始めました。部会では2018年度から、機械定植の導入に向けた試験栽培に取り組んでおり、19年度には「玉葱機械化研究室」を立ち上げ、定植をはじめとした作業の機械化を検討しています。この日はJAの担当者が各圃場を回り、機械定植作業の結果や課題を確認しました。

同室では機械化導入による省力化で産地維持を目指しており、19年度に導入が進められ、作業時間と人件費を大幅に削減しました。一方で播種経費、育苗資材などで全体的なコスト高が課題となっていました。20年度はJA側からのコスト削減提案として、育苗期のセルトレイ用培土の変更や被覆資材の削減などが示され、昨年度から10アールあたり約7%のコストカットに成功しました。

同室の杉浦満男さんは「育苗コストの削減のため資材の変更があったが、苗の生育は昨年と差はなく、良いものが出来た。定植機が動作しやすい苗丈に剪葉したり、圃場状況に合わせて植付けの深さを調整するなど課題も多いが、より実用化に近づいた」と話しました。

JA碧南営農センターの久留宮拓馬さんは「育苗期のコスト高、定植率が低い、玉葱の品質向上など、まだまだ課題が多い現状。生産者、メーカーと協議していき産地に適した機械化を進めていきたい」と話しました。

  • 写真機械定植する杉浦さん(中)と動作を
    確認する久留宮さん(左)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • 冬の貯金キャンペーン
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト