JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元の農業応援してね 「へきなん美人」児童種まき体験

2020/9/2

JAあいち中央碧南人参部会は、碧南市がニンジンの産地であることや同市特産ニンジン「へきなん美人」を子どもたちに知ってほしいと、市内南東部にある3つの小学校に同部会役員が出向き、播種から収穫までの食育活動を10年以上行っています。

9月2日には碧南市浜田町の碧南市立大浜小学校で、3年生児童約80人が同市特産ニンジン「へきなん美人」の種まき体験を行いました。種まき用の畝は、役員らが管理機を使い準備。児童らは、JA職員から碧南市のニンジン栽培の話や作業手順、管理方法などの説明を受けた後、同部会の磯貝孝弘部会長らと一緒に、指で間隔を測りながら一粒ずつ種をまきました。

磯貝部会長は「地元の農産物に興味を持ってもらえることが、本当にありがたく嬉しい。子どもたちは自然に触れる機会が少ないので、よい食育活動になった思う」と話しました。

種まきを体験した子どもたちは「ニンジンがどんな風に大きくなっていくのか勉強していきたい。しっかり水をあげて、大切に育てていきたい」と話しました。

同校の石川政仁教頭は「高学年の生徒に「碧南と言えば?」と問うと「へきなん美人!」と元気よく返ってくる。毎年3年生で「へきなん美人」を栽培し、食べるまで学ぶことがいかに重要か分かる。地元を愛する子どもたちに育ってほしい」と話しました。 今後は水掛けや追肥、間引きなどを行い、2月に収穫する予定です。

  • 写真磯貝部会長から種のまき方を教わる
    児童

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト