JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

田んぼの生き物 育む農業を学ぶ

2020/6/27

JAあいち中央は6月27日、安城市赤松町のJA総合センター生活館で「こども農業体験スクール“あおみっ子”」の開校式を開きました。管内の児童や保護者ら約60人が参加し、開校式の後は「農業体験スクール」でラッカセイの定植や大豆の播種、田んぼの生き物調査を行いました。5月に予定されていた第1回の開校が新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言により中止となり、今年度初の開催となりました。

開校式ではJAの石川克則組合長が「“あおみっ子”での体験をきっかけに地域の農業を理解し、農業の応援団になってほしい」と話しました。

生き物調査では、JA青年部役員やJA職員と一緒に、たも網を手に田んぼや用水で生き物を探しました。児童らが見つけたザリガニやカエル、ガムシやタニシなどを集め、講師のアウトドアタレント・鉄崎幹人さんが生き物の名前や特徴、生態などを説明しました。鉄崎さんは今回の調査で様々な生き物が見つかったことに触れ、「農地は食べものが作られるだけでなく、様々な命が育まれる重要な場所。これらの農地を守るためにも、地元の農産物をたくさん食べて農業を力強くしよう」と呼び掛けました。

参加した児童は「ごみ拾いなどに参加して、いろいろな生き物の住みかを大切にしたい。ラッカセイは花が落ちて、伸びたところに実がなると聞いた。想像もできないので、収穫が楽しみ」と話しました。

  • 写真鉄崎さんの説明に耳を傾ける児童ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト