JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

農福連携で放棄地解消 サツマイモ6次化視野

2020/6/19

今年度から、碧南市にある就労継続支援B型事業所「サンたなお」が、耕作することが難しくなった施設利用者の農地を借りて、本格的に農業を始めました。6月には、施設利用者3人が指導員と共にサツマイモの苗挿しに汗を流しました。

今回耕作するのは施設利用者でもある松崎松一さんの農地。親が高齢になり、耕作できずに困っていたため、同施設が当JAの営農支援室に相談しました。施設側は農地購入を希望しましたが、農地所有の資格がありませんでした。同室は「松崎さんと事業所が協力して農地を耕作し、作った農産物を販売してはどうか」と提案。サツマイモを品目に選びました。

同施設は「施設利用者を農業に携わらせたい」との思いから、2017年から同室に相談。同室が仲介し、利用者が農家で働くようになりました。こうした関係が、今回の提案につながりました。同室は「福祉施設が農地を借りて耕作してくれれば、放棄地を一つでも減らすことができる。育てた農産物を使って加工品を作り、6次産業化が実現できれば、新しい農福連携の形になる」と期待します。

栽培に先立ち、雇用主である農家の永井是充さんが駆け付け、除草、畑起こし、畝立てなどを手伝いました。支援の輪は広がり、刈谷市内で農業を営む稲垣重雄さんは耕運機を寄贈しました。

サンたなおの池田香代子代表取締役は「皆さんに助けていただき、本当にありがたい。農業に携わるようになって彼らの表情が変わった」と話します。畑の気温が30度を超える中、黙々と作業を進める利用者の一人は「暑くて大変だけど外の作業は楽しい」と笑顔を見せました。

同室の杉山久志室長は耕作できずに困っていても、借りたい人が借りられないのが現状。こうした課題があることを多くの人に知ってほしい」と力を込めます。

  • 写真稲垣さん(中)から耕運機の使い方を説明される池田代表(右)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト