JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

スイートコーン目ぞろえ

2020/6/9

JAあいち中央碧南スイートコーン研究会は6月9日、碧南市港本町のJA碧南営農センター内集出荷場で、スイートコーン目ぞろえ会を開きました。生産者やJAあいち経済連、JA職員ら10人が参加。副房やささ焼け、柄の長さといった出荷基準、伝票記入や規格などの出荷方法を確認しました。

同市では17人が約20ヘクタールで「味来」「ドルチェドリーム」の2品種を栽培。糖度が高く、生で食べられるほど皮が柔らかい「味来」が約9割を占めます。

JAあいち経済連の野田マミさんは「コロナウイルスの影響もあり、業務需要が極端に減っている。中々回復が見込めず量販店中心の販売となる。他産地では先端不稔が多くでているようなので、気に掛けてほしい」と呼び掛けました。

JAの担当者は「トンネル栽培のスイートコーンが例年以上のペースで出荷されている。これからマルチ・露地栽培の出荷が増えてくるので、改めてしっかり目をそろえて、良いものを出荷いただきたい」と話しました。

今年は播種作業後から順調に生育し、病害虫の被害も見られず、例年通り高品質な仕上がり。7月中旬まで、地元産直店舗や大手スーパー、中京市場へ出荷します。

  • 写真サンプルを見て出荷規格を確認する
    部会員ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト