JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

花買って農家応援 学校・役所など45施設で活用

2020/5/27

碧南市とJAあいち中央は、愛知県が行う「新型コロナウイルス感染症対策農産物利活用支援事業」で、市特産花きの活用に取り組みました。

5月27日には第1弾として、特産のカーネーションが市役所など45施設に納品されました。

同市では、小中学校など35の公共施設の他、市内の高齢者福祉施設や児童施設などにも声を掛け、カーネーション6500本を活用しました。市役所では各課に50本ずつ配布。「花のある暮らし」のPRとともに窓口などに飾りました。JAでもカーネーション1300本を同市内の4支店や1福祉事業所の窓口、安城市の本店に飾り付け、職員や来店者らを和ませました。

同市では、18の花き生産者が支援事業に登録。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、花き需要の減少や価格が下落。出荷調整で市場に出せない苦しい状況にあります。カーネーション部会の石原英明部会長は「母の日では思ったより単価は上がったが、数量は伸びなかった。その後は再び需要が減ってしまい、経営的にとても厳しい。今回の取り組みはとても助かる」と話しました。

市とJAでは、6月末までに事業を通して特産の菊、カトレア、ガーベラ、グロリオサといった切り花や多肉植物などの鉢物合わせて6種類の活用を予定しています。

  • 写真市役所で職員にカーネーションを
    手渡す石原部会長(左)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト