JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

医療関係者へ感謝と応援 部会がカーネーション600本寄贈

2020/5/8

JAあいち中央碧南カーネーション部会は5月8日、新型コロナウイルス対応に尽力する医療関係者へ敬意と感謝を表し応援するため、同部会が栽培するカーネーション600本(スタンダード100本、スプレイ500本)を贈りました。

碧南市平和町の碧南市民病院で開かれた贈呈式では、石原英明部会長が亀岡伸樹病院長と清政一二三看護部長に花束を手渡しました。石原部会長は「私たち花農家も式典やイベントが中止になり苦しい状況にあるが、医療関係者の方たちは私たちでは想像できないほどの苦労が今も続いていると思う。少しでも明るい雰囲気になるよう自宅に花を飾ってもらい、カーネーションが碧南市のコロナウイルス終息の象徴になることを願っている」と話しました。

碧南市民病院では、感染拡大防止対策に取り組んでいるが、医療関係者への心無い誹謗中傷や後を絶たない風評被害などを受け、職員が心身ともに疲弊している状況にあります。亀岡病院長は「毎日対策に追われ、夜遅くまでミーティングを重ね、自らが感染する危険性の恐れを持ちながら、医療のプロフェッショナルとして患者の治療に当たってきた。この一ヶ月の苦労が吹き飛んでいく嬉しい贈り物です」と話しました。

寄贈したカーネーションは5月11日まで病院内で展示され、展示終了後は「自宅で花を楽しむ良さを感じてほしい」という部会員の思いから、全ての病院職員に配られます。

部会は9人が約2.8ヘクタールのハウスで、スタンダードと呼ばれる一輪咲きと、複数の花を付けるスプレイ咲きを合わせ、62品種を栽培します。9月上旬~6月下旬に、中京市場を中心に関東、関西地区に約300万本を出荷します。

  • 写真医療従事者へカーネーションの花束を手渡す石原部会長(右)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト