JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

チンゲンサイ収穫最盛期

2020/4/27

JAあいち中央管内の安城市でチンゲンサイの収穫が最盛期を迎えています。JA管内は県内一のチンゲンサイの生産地です。ハウス栽培で一年を通じて周年出荷しているが、日照時間が長く気候も良い3月~6月にかけて収穫量が増えていきます。現在、安城市赤松町のJA総合センター内多目的総合集出荷場で日量約3500ケース(1ケース2キロ)を中京市場に出荷しています。

同市内で、約90アールのハウスでチンゲンサイを栽培している大橋正樹部会長は、家族やパート従業員ら約10人で定植・収穫・箱詰め作業などを進めます。一株一株手作業で収穫したチンゲンサイは、根を切り落とした後、形を整え、大きさを確認しながら箱詰めします。大橋さんは「チンゲンサイは癖もなくシャキシャキした食感が魅力。この時期、朝晩の寒暖差が大きく甘みのあるチンゲンサイが出来ている。色々な料理に使ってほしい」と話しました。

JAチンゲン菜生産部会では、12人が約7ヘクタールのハウスでチンゲンサイを栽培。ハウスの一角を仕切ったスペースで、暖房機を利用した苗の安定生産を図り、ハウスの有効利用と経費節減、苗の移動距離短縮による省力化を実現した結果、年間8~9回の周年栽培体系を確立しています。年間作付け延べ面積約60ヘクタールで総出荷量1400トンを目指します。

  • 写真一株ずつ手作業でチンゲンサイを収穫する大橋さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト