JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

免疫力アップを
デンパークで地元産チンゲンサイPR

2020/4/6

JAあいち中央チンゲン菜生産部会は4月6日、安城市赤松町の安城産業文化公園デンパークで「花の温室フローラルプレイス」のリニューアルオープンにあわせて、地元産チンゲンサイをPRしました。

同部会の大橋正樹部会長と石川智一副部会長、JA職員が来場者にチンゲンサイ(2株入1袋)を無料配布。チンゲンサイを使ったレシピと共に80袋を配りました。

同パークの「花の温室フローラルプレイス」は、3月14日にリニューアルオープンする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で4月6日に延期となっていました。各イベントが中止となるなか、「チンゲンサイを食べて免疫力をつけ、ウイルスに負けない体づくりを」と同部会の大橋部会長が無料配布を提案。同パーク正面ゲートにて少人数で実施しました。

リニューアルオープンした「花の温室フローラルプレイス」内では、地元産の農産物を使った食べ物を提供するカフェもオープン。同部会のチンゲンサイのほか、安城産の豚肉を使ったポークパティや管内産の全粒粉を使った米粉パンを使用した「デンバーガー」を数量限定で販売しています。

同部会では3月以降、給食停止による行政や外出自粛に伴う飲食店への出荷が減少しています。給食用や業務用の箱詰めは、出荷が半分以下まで落ち込みました。市場の要望を聞きながら、スーパーなどに出荷される袋入りを増やすなどして対応しています。袋入れの手間は増えるが、全体の出荷量が減らないよう対策をしています。

同部会は12戸12人が、施設面積約7ヘクタール、年間作付けの延べ面積約60ヘクタールで、年間約1410トンを周年で栽培・出荷しています。

  • 写真チンゲンサイをPRする大橋部会長

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト