JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

小玉スイカの定植作業が本格化

2020/3/17

JAあいち中央管内の刈谷市北部地区で、小玉スイカの定植作業が本格的に始まりました。同地区では小玉スイカの栽培が盛んです。品種は刈谷特産の「おおとり2号」。果肉は鮮やかな黄色で、強い甘みが特徴です。

JA刈谷露地園芸部会のグループ「SKI」では、7人の生産者が約2.2ヘクタールで栽培しています。6月上旬から7月中旬にかけて、地元の市場や産直店舗へ出荷します。1玉2.5キロ前後で、今年は約1万8千個の出荷を目指します。

刈谷市東境町で、約25アールで小玉スイカを栽培している同グループの川上充士さんは、肥料を施し整地した畑に、土の湿り気や地温を上げるためマルチを張り、パイプを挿してトンネルを作ったあと、約80センチ幅で小玉スイカの苗を一つ一つ手作業で定植していきました。川上さんは「これから気温が上がって来る。トンネル内の環境をしっかり管理し、おいしいスイカを栽培していきたい」と話しました。

定植作業は4月中旬まで続く予定です。

  • 写真小玉スイカの苗を定植していく
    川上さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト