JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

タブレット端末を活用し農家支援活動の質的強化を図る

2018/12/13

JAあいち中央営農資材課は、営農渉外や部会担当者への担い手支援ツール(タブレット端末)の導入・運用を12月から始めました。JAでは第6次中期計画の部門別取組事項に「地域農業を支援できる人材と体制づくり」を掲げており、タブレット端末を活用して、農家支援活動の質的強化を図っています。

担い手支援ツールでは、日報の作成や農家情報、農家の個別課題の進捗状況などを一元管理します。日報により報告された情報から関係部署等で課題形成に向けた検討を行い、課題の進捗状況を共有しながら対応完了まで管理を行います。また、タブレット端末には肥料農薬情報や米麦大豆の生育情報、病害虫情報なども共有する他、各営農センター窓口に備え置かれたパソコンで閲覧していた「農業電子図書館」も閲覧可能としました。担当者がタブレット端末を携行することで、さまざまな営農に関する情報をリアルタイムに提供していきます。

JA碧南営農センターの濵田和希さんは「渉外活動の資料として日報に画像を添付することで、職員同士が具体的なイメージで情報を共有できる。また、生産現場での相談・情報提供にも即時に対応できる」と話します。

碧南市でニンジンやタマネギを生産する永井是充さんは「指導と販売の窓口が一つになることで迅速な対応が期待できる」と話します。

営農資材課の石川好之課長は「ここ数年、若い営農渉外が増えている。過去のデータや進捗情報、他地域の現状などさまざまな情報を手にすることで、生産者との接点を増やすツールとしたい。外部との情報のやりとりなど課題はあるが、営農渉外のレベルアップに繋げられる機能を考えていきたい」と意気込みます。

  • 写真タブレット端末を使い情報を確認する濵田さんと永井さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト