JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

碧南市特産のニンジン「へきなん美人」出荷スタート

2018/11/21

県内一の出荷量を誇る碧南市で、冬ニンジン「へきなん美人」の出荷が始まりました。JAあいち中央碧南人参部会は、市南部地区を中心に136人が150ヘクタールでニンジンを栽培。中京市場を中心に北陸や関西方面へ、8000トンの出荷を目指す。現在はL・M級中心で、日量約1万ケース(1ケース10キロ)を出荷。1、2月をピークに3月中旬まで続きます。

播種後に来た3つの台風の影響で、一部の圃場では種のまき直しや風による葉の擦れ、海からの潮による葉の枯れなどもあり、生育や作業に若干の遅れが見られています。

部会は21日、碧南市港本町のJA碧南営農センター内集出荷場で目ぞろえ会を開きました。部会員やJAあいち経済連、市場関係者ら約100人が参加。出荷方法の確認や出荷規格に関する申し合わせを行った後、サンプルを手に取り、形状や色、大きさなどを確認しました。

齋藤重治部会長は「部会員の協力を得て、例年2回に分けて開いている目ぞろえ会を1回に統一し、また、箱詰め作業を担うパートにも参加を呼び掛けた。同じ時間に同じ場所で同じ物を見て、「へきなん美人」のブランド力を高めていきたい。誰の箱を空けても同じニンジンが出てくるように選別していただきたい」とあいさつ。

JAあいち経済連園芸部西部販売課の小林洸平さんは「他産地は台風被害等も少なく順調な出荷となっている。今年は、地元の中京市場や北陸市場などを中心に、しっかり販売していきたい。一人一人が高い意識を持って出荷してほしい」と話しました。

  • 写真サンプルのニンジンで出荷規格を
    確認する部会員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト