JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

「サラダたまねぎ」定植作業が最盛期

2018/11/12

JAあいち中央管内の碧南市で特産の「サラダたまねぎ」の定植作業が最盛期を迎えています。播種期に台風や長雨があったが大きな影響はなく、11月に入り気温も高く適度な雨もあることから苗も順調に生育。例年、3月下旬から出荷が始まります。

同市は県内一のタマネギ産地。JA碧南玉葱部会は、161人が120ヘクタールでタマネギを栽培。うち、「サラダたまねぎ」は29ヘクタール。辛味の少ない極早生品種を6品種厳選して栽培し、「サラダたまねぎ」のブランドで販売しています。

部会の齋藤好司さんは、45アールでタマネギを栽培。うち、15アールで「サラダたまねぎ」を栽培しています。10月下旬から家族と定植作業を進めています。畝に敷いてあるマルチに15センチ間隔で穴を開け、手で1本ずつ苗を植えていきます。齋藤さんは「順調に作業は進んでいる。今後、気温が高い予報が出ており、玉は大きくなりそうだが分球が心配される。しっかり管理していきたい」と話しました。

定植作業は11月下旬まで行われる予定です。

  • 写真手で1本ずつ苗を植えていく齋藤さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト