JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

児童が収穫した米で「新米を食べる」会を開く

2018/10/29

JAあいち中央桜井支店は29日、安城市桜井町の安城市立桜林小学校家庭科室で「新米を食べる」会を開き、5年生児童90人が参加しました。同校では、5年生が地元の桜井北・藤野地区の担い手農家やJAの協力を得て、田植えや稲刈りなど一年を通じて農業体験を行っています。

「新米を食べる」会では、16日に児童らが刈り取った「あいちのかおり」約320キログラムのうち10キログラムを使って、おにぎりを作りました。支店女性組織の役員らで組織する「がやがやわくわく会」メンバー8人や担い手農家、JA支店職員らが指導し、炊き立てのご飯で一人一個おにぎりを握ったり、その場で食べたりしました。また、学校見学に訪れていた来年度入学予定の年長園児30人にもおにぎりが振る舞われました。

JA桜井支店の平岩国親支店長は「作ったものを食べてまで行ってこその食農教育。多くの方の協力で食べ物を口にできるということを感じてほしいと、担い手農家の思いを受け始まったこの行事。協力が得られる限り存続させたい」と話します。

収穫した残りのお米は、5年生児童に配られる他、来年度の自然教室用のお米に使うため、担い手農家の倉庫で保管されます。

  • 写真おにぎりの握り方を教わる児童

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト