JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

研究会で適期刈り取り呼びかける

2018/8/23

JAあいち中央営農部会は23日、多収栽培研究会を開きました。営農部会員、JA担当者、西三河農林水産事務所から11人が参加しました。

同部会の多収栽培研究会では、多収で業務用米としての用途が期待される品種「あきだわら」について、販売先との契約に基づいて安定的に収量を確保できるよう栽培に取り組む会員らが研究を実施しています。移植栽培を行っている刈谷市の圃場と、直播栽培を行っている安城市の圃場を巡回し、生育状況の確認をしました。

多収栽培研究会の黒田清吾会長は「圃場を巡回して、生育も概ね平年並みで順調に来ていることが確認できた。会員には品質・収量を高めるため、圃場ごとに生育状況を見極めて、適期刈り取りを行うよう呼び掛けていきたい」と話します。

  • 写真圃場巡回をする参加者ら

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト