JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

キュウリパウダーを使ったそうめん完成

2018/8/20

JAあいち中央園芸販売強化対策室は、JA胡瓜生産部会や地元製麺業者と連携し、キュウリの乾燥パウダーを練りこんだ「手延べきゅうりそうめん」を商品化しました。農業者の所得増大に向けた取り組みの一つで、キュウリの新たな形での販路を拡大することが目的です。

同部会では、冬から春にかけ西三河冬春きゅうり部会のブランドキュウリである「三河みどり」を栽培。キュウリを栽培していない夏の間にPRできる加工品は出来ないかと、2017年度から検討を進めていました。出来上がったそうめんは、半生タイプでキュウリを印象付ける薄い緑色が特徴となっています。

開発に携わったJA胡瓜生産部会2017年度部会長の杉浦正紀さんは「歴史ある部会活動の中で、加工品の開発に本格的に取り組んだのは初めて。まずは「始めの一歩」ということで、総会記念品として部会員に配った。今後も色々な商品を開発していき、イベントなどでPRしていきたい」と話しました。

JA園芸販売強化対策室の伊藤芳則室長は「今後もキュウリの乾燥パウダーを使った加工品の研究・開発を進めていきたい」と意気込みを話しました。

  • 写真完成した「手延べきゅうりそうめん」を披露する杉浦さん(中)と伊藤室長(左)と同JA園芸課高木規浩さん(右)

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト