JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

朝取りトウモロコシ収穫本格化

2018/6/8

JAあいち中央管内の碧南市でトウモロコシの収穫が本格化しています。今作は播種作業後の3月下旬から4月にかけ、気温も高く適度な雨もあったことから、例年に比べ5日ほど生育が進んでおり、病害虫の被害も見られず、例年どおり高品質な仕上がり。7月上旬まで、地元産直店舗や大手量販店、一部県内市場へ出荷します。

同市では12人が約25ヘクタールで「味来」「ピクニックコーン」「ドルチェ」の3品種を栽培。糖度が高く、生で食べられるほど皮が柔らかい「味来」が約7割を占めます。同JAの碧南あおいパーク産直やでんまぁと安城西部には、取れたてが店頭に並び、午前中に完売することもある人気。「ピクニックコーン」は甘味が強く大きさが通常の7割程度と小ぶりで、愛知県産農畜産物や加工品など、こだわりの逸品を取り寄せることができる「あいちの恵み」の商品として出荷しています。

トウモロコシは夜間、光合成でできた糖分を蓄えるため、早朝に収穫します。市内の85アールでトウモロコシを栽培する小澤利英さんは、日の出前からライトをつけ、一日1200~1500本を収穫しています。収穫されたトウモロコシは自宅に運ばれ、外葉を取って重さや大きさを選別し、箱に詰めて出荷します。小澤さんは「甘くて大きさも十分な、おいしいトウモロコシができた。朝取りでみずみずしいトウモロコシを味わっていただきたい」と話しました。

  • 写真ライトを点けトウモロコシを収穫する小澤さん
  • 写真コンテナに詰めたトウモロコシを
    トラックに積み込む小澤さん

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンク新規ご利用特典
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト