JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

一丸で最高品質維持
碧南クルクマ部会

2018/6/5

クルクマは碧南市地区の生産者がいち早く着目し、1993年に栽培を開始して以来、1997年にはJAあいち中央碧南クルクマ部会として活動を始めました。

JAあいち中央碧南クルクマ部会は、6人の部会員が合計約1ヘクタールのハウスで、ピンク色の「シャローム」を中心に、苞が緑色の「ゼブラチョコレート」など8品種を栽培しています。シャロームが主力品種で全体面積の80%を占め、その他の品種もアレンジ等の需要開拓の次世代品種として活発に栽培拡販を行っています。品種の選別を進め、花の大きさや軸の太さなどのボリュームは全国でもトップクラスの品質を誇り、市場からも高い評価を得ています。6月上旬から10月の下旬にかけて、関東・東北を中心に、甲信越・中京地区へも、年間約30万本を出荷します。圃場巡回や目ぞろえ会での出荷基準の確認を実施し、品質管理を部会一丸となって取り組むことによって、高品質のクルクマ栽培をしています。

今年度は、クルクマの認知度向上に向けたPR活動の一環として、8月に開催される「第65回安城七夕まつり」に出店し販売促進イベントをする予定となっています。

同部会の伊藤正弘部会長は「品質日本一のクルクマづくりの継続を目指して、部会員一同精いっぱい頑張っています。最高品質のクルクマを出荷し続けるために、部会全体で栽培技術の向上に積極的に取り組んでいます」と話します。

  • 写真メディアへのPRを行う部会員

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • インターネットで口座開設と住所変更
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAバンクアプリ/JAバンク
  • JAネットローン
  • 農業者様向け融資ページ
  • みんなのよい食プロジェクト