JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

収穫体験を通じて地元農産物を学ぶ

2017/8/21

JAあいち中央高浜ブロック(吉浜支店・高取支店・高浜支店)は21日、管内で作られるラッカセイやサツマイモを収穫する「夏休み親子で楽しむ農業体験」を開きました。16組36人の家族が参加。身近な農産物の収穫体験を通じて、農産物を育てる難しさ、収穫の楽しさを知ってもらうことを目的としています。同ブロックでは初めての企画。

収穫体験では、高浜市小池町で農業を営む神谷信夫さんのほ場でラッカセイやサツマイモを収穫。子どもたちは家族らと協力して力いっぱい苗を引き抜いていきました。収穫後にはサツマイモの重さコンテストが開かれ、1kgを超えるものもあり大いに盛り上がりました。また、地元のお米をもっと知ってもらおうと、昼食に同ブロックの女性部が準備したカレーのお米食べ比べやJA愛知経済連の精米工場「MOG」を見学し、お米のことについて学びました。

参加者からは「ラッカセイやサツマイモがたくさん穫れてとても楽しかった。今度は野菜を育てるところもやってみたい」「お米の食べ比べや野菜のトッピングが楽しかった」「高浜の名物を使って料理が作りたい」などの声がありました。

同ブロックの斉藤明充ブロック長は「自ら収穫することで地元の農産物をより身近に感じてもらえるのでは。今後は植えるところから収穫まで、農産物ができる過程を体験できるような企画を考えていきたい」と話しました。

  • 写真ラッカセイの収穫を楽しむ親子
  • 写真サツマイモの収穫を楽しむ親子

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト