JAあいち中央

介護・福祉事業
お問い合わせ

食と農

閉じる

くらし

閉じる

JAバンク・JA共済

閉じる

イベント・活動報告

閉じる

JAあいち中央について

閉じる

トピックスレポート

地元の食材でコンニャク作り
安城南フレンズ会

2017/2/8

JAあいち中央安城南支店の女性組織「安城南フレンズ会」は8日、安城市赤松町の同JA総合センター内加工室で、地元産のコンニャク芋を使った自家製コンニャク作り講習会を開き、30人が参加しました。昨年に引き続き2回目。食材に使用したコンニャク芋8kgは、同支店管内の組合員が栽培したもの。講師は同会役員の榊原喜栄子さんと杉浦早苗さんが務めました。

コンニャク作りでは、洗ったコンニャク芋を皮を剥かずに1cm程度の厚さに切り、柔らかくなるまで茹でた後、水と一緒にミキサーでのり状にし、よくこねてから40分ほど寝かしました。最後に炭酸ソーダをお湯で溶かしたものを混ぜ込み、適当な大きさにすくって20分ほど茹でて出来上がりました。茹で上がったコンニャクは水に入れ3日間程度あく抜きする必要があるため、参加者らは役員が事前に用意したコンニャクを刺身やミソ田楽で味わいました。

初めてコンニャク作りに参加した男性は「自分好みの味のコンニャクが作れるのは手作りならではの楽しみ。色々な味付けを試してみたい」と話しました。

三浦明美会長は「今回は男性の方の参加もあった。これからも地元の農産物を使った企画を考え、活動の輪を拡げていきたい」と話しました。

同会は、地産地消の拡大を図りながら「食」と「農」に対する理解を深め、産直を通じ、地域における豊かな食生活を築くことを目的に、地元の食材を使った加工品や郷土料理作りなどの活動を実践しています。

  • 写真コンニャク芋のこね具合を確認する
    榊原さん(左)と参加者

知りたい情報ココから

  • 農産物出荷カレンダー
  • 産直ポイント制度について
  • JAバンクキャンペーン情報
  • 年金無料相談会
  • 休日ローン相談会
  • 営業所のご案内
  • 各種手数料一覧
  • 各種相談窓口
  • 組合員加入について
  • 困ったときは(緊急連絡先)
  • 採用情報
  • お問い合わせ

  • JA組合員募集中!
  • あおみっ子
  • マイホームくらぶ
  • JAタウン
  • JAあいち中央サービス
  • MAパーク駐車場
  • JAバンクではじめよう!春のわくわくキャンペーン
  • ATM・JAネットバンクサービス等の一時休止のご案内
  • JAネットバンク(あいち中央)
  • JAネットローン
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 確定申告特集ページ